不動産投資での価値が落ちにくい条件

不動産投資では、キャピタルゲインを狙うのではない場合には、賃貸物件探しと同じ感覚で、最初は物件を判断するとわかりやすいです。
自分の購入したい物件を借りるとしたら、どのくらいの家賃で借りるかとか、そもそも他の物件を選ばずに、その物件を借りるかどうかなども考えてみます。
客観的に見るということですし、今だけではなく、10年後や20年後などの将来も、入居したいのかなども考えます。
毎年常に新しい物件が生まれてきます。
誰でも新しい物件の方が良いに決まっていますので、そうなった場合に、入居者の変わるタイミングでどうなるのかなども予想します。
入居者が転居して、その後新しい入居者が入居するまでどのくらいの期間がかかるのかも、不動産投資での物件選びでは重要です。
また、価値が落ちにくい物件の場合には入居率も良い物件ということになります。
その条件なども理解しておく必要がありますし、落ちないような条件も自分の物件で把握しておく必要があります。