一般的に考えられる不動産投資の利点

不動産を買い入れるとき、あますところなく自分の資金を下準備する必要性はなく、物件自体を銀行などに担保という形で差し出すことで購入するための必要資金を借りることができます。
それを受けて、手持ち資金を余すところなく使うことなく資産を入手できます。
以上のようにいわゆるレバレッジ効果を手にできることが、不動産投資の非常に大きなアドバンテージと言えるでしょう。
不動産については、価格変化が緩やかで安定的で、そのため確保できる賃貸料金収入がメインのターゲットとなります。
言うまでも無く、譲渡することを頭に入れて投資を実施することも重要になりますが、建物そのものは原価償却し続けることから、その存在価値は段々と低くなっていくことを意識し、売却時期を手堅く確認して、全体的なメリットを享受することが大切になります。
それに加えて、近い将来でインフレーションを招いた場合、金融財産そのものは目減りをもたらすことがあり得ますが、不動産投資が行われた不動産の価値は大きくダウンすることは考えづらく、インフレーションに力を発揮する利点があります。